Cyclamen libanoticum リバノチカム

【花期】2月〜4月
【特徴】
スパイシーでコショウのような香り、若しくは焼夷弾が焼けた後の匂いとも言われています。澄んだピンク色。
先端がわずかに尖っていて、幅が広く、一般的にねじれていません。
葉は晩秋から初冬に現れ、基本的にはハート型。
塊茎は茶色で滑らか、非常に細い根が下側の中央または片側からも発生します。
自生地はレバノンのイブラヒム川の谷にあるジャバルムッサの石灰岩の山とその周辺。

GO TO SHOP