Cyclamen persicum ペルシカム

Cyclamen persicum ペルシカム

【花期】12月~4月
【特徴】
白から濃いピンク、マゼンタ若しくは白花。
先端が尖っており、360度に捻じれることもある。
受精後、花の茎は、ほとんどの種のように上からコイル状になるのではなく、植物の根元で地面に向かって曲がります。
葉は塊茎から真っ直ぐに立ち上がり楕円形。肉質があります。
自生地は北アフリカ及びエーゲ海東部、地中海の北東

GO TO SHOP
Cyclamen balearicum バレアリカム

Cyclamen balearicum バレアリカム

【花期】2月〜4月
【特徴】
白花で甘い香りがします。先端が尖って90度に捻じれます。葉は晩秋から初冬に現れます。
基本的にハート型。塊茎は灰色がかった茶色で滑らかです。
自生地はマヨルカ島、バレアレス諸島、南フランス、コルシカ島。
コルシカ島ではレパンダムと生育地が重なるため自然交雑が発生すると言われております。

GO TO SHOP
Cyclamen purpurascens プルプラセンス

Cyclamen purpurascens プルプラセンス

【花期】6月~10月
【特徴】
バラ色から赤紫色、若しくは白色。甘い香りがします。
葉は夏の終わりに現れ丸いまたは楕円形で滑らか、若しくは鋸歯があります。塊茎は淡褐色、滑らか。表面のほぼどこからも根は発生します。自生地は広くアルプスの広い地域からバルカン半島、フランス、イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、スロベニア、クロアチア。
主に落葉樹または落葉樹/常緑樹の混合林、厚い落葉落枝の下、石灰岩の腐植土が豊富な土壌で育っています。

GO TO SHOP
Cyclamen confusum コンフューサム

Cyclamen confusum コンフューサム

【花期】10月~11月
【特徴】
90度~180度に捻じれます。花冠はヘデリフォリウムと比べて大きい。
葉は開花中若しくは開花後に展開、角度のある葉が良く現れます。葉模様はいろいろ、茎は太め、肉厚、光沢のある明るい緑色。塊茎の側面から太い根が発生し下面はほぼむき出し。
自生地はクレタ島、特にトポリアとポリリニア。
育て方はヘデリフォリウムに準ずる。

GO TO SHOP
Cyclamen rhodium ロディウム

Cyclamen rhodium ロディウム

【花期】3月~5月
【特徴】
白色からピンク。ペロポネシアカムは淡いピンクから濃いピンク。ビビダムは濃い赤みがかったピンクで赤紫の鼻です。甘い香りがします。尖った先端は通常180度捻じれています。
葉は春先に現れ、楕円形から三角形。
自生地はエーゲ海東部のロードス島、コス島。ペロポネシアカムはペロポネソス半島の東部、北部、および中央南部(マニ半島)に自生。ビビダムはペロポネソス半島の東南部(パルノナス山脈)に自生。
これらの亜種は乾き過ぎないよう深めに植えます。

GO TO SHOP